自然舘
 
Home English
実戦古武道 自然舘とは
館長の略歴
組織および会員制度
館長からのメッセージ
写真集
活動スケジュール
入会案内
よくある質問
通信販売
実戦古武道 自然舘とは

日本に1000年以上前から入ってきた実戦的な古武道(打拳体術、柔体術、剣術、各種棒術、槍術、薙刀術、十手術、鎖分銅術等)を教える道場です。

1996年10月に、館長の間中雲水が自然流の創設と同時に、自然舘を起こしました。以後、アメリカを中心に活動してきました。特に、2000年12月、 館長が自衛隊を退職後は、アメリカ東海岸の旧都ボルチモアに本部を構え、本部道場で教える傍ら、アメリカ及びヨーロッパの弟子達の道場を精力的に訪れ、年に2〜3回のセミナー、あるいはワークショップを5〜6回開き 、弟子を教授してきました。その活動場所は、アメリカはニューヨーク、デイトン、アトランタ、ロサンジェルス、地元ボルチモア、さらにはスイス、イギリス、イタリアなどヨーロッパまで及んで います。
 

目指すもの

自然舘では型の稽古を中心に実戦に役立つ古武道を追及します。つまり、自然界の中での自己を再認識することにより自我がなくなり、相手との駆け引きに惑わされることなく、自然な最良の動きが可能となります。あわせて、日本文化を世界に紹介します。
 

自然舘武道訓

  1. 平常心を維持せよ
    怒りや焦りは、人間を盲目にし自由な動きを奪う
     

  2. 自分自身を過信するな
    臨機応変の対応ができなくなる
     

  3. 森羅万象のすべてを素直に認めよ
    敵の思うツボに入らないために
     

  4. 技に滞りがあってはならない
    敵に付けこませないために
     

  5. 技の持つ『味』を出せ
    そのときの状態に最もよい動きができるようになる
     

  6. 正しい基本を正しく繰り返し稽古せよ
    いつでも自然な動きが自由にできるようになる


雲水     

ページ最上部へ戻る

Copyright © 2001-2004 Jinenkan USA, LLC all rights reserved.